FC2ブログ

入院した嫁の変りに娘におまんこを求める老人の性の悩みを描いたヘンリー塚本監督のadaruto昭和ドラマ

近親相姦や近親婚などは明治~昭和にかけて、特に田舎の奥地なんかではわりと頻繁に起こっていたと、その手のadaruto系の昔の文献を漁ってたら話に出てきます。実際に身近に起こっていたと考えるとそら身震いしますが、アダルトビデオの中での出来事であればフィクションとして楽しむ事も出来るのかと・・・。性癖や性欲というのは娯楽の無かった当時の田舎では、性行為においてそれを発散する割合が非常に高かったのですかね?。生物としての生存本能として、より快楽を得たいと欲望のおもむくまま性交する。ヘンリー塚本監督が描いたそんな中高年の昭和ドラマです。日活ロマンポルノ映画よりも更に性描写を激しく描いたこの作品、病気のため伴侶が入院したせいで性欲の捌け口を実の娘に求めてしまう高齢老人の性の悩みを体現させてしまうものでした。

↓もう一度見たいと思ったら拍手をお願いします。
→→見れない時はこちらから←←
関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ